オシャレな注文住宅を建てよう~横浜編

   Home > 横浜の注文住宅情報 > 横浜市内で注文住宅を建てる時に

横浜市内で注文住宅を建てる時に

 少子高齢化が急速に進んでいる日本ですが、実際にその感覚を味わっている人の数は、まだまだ少なく現状把握もままならないと言う人も多いのでしょう。ですが現実的に判断出来る数字として表れているのが、2050年の予想人口です。日本の総人口が、9500万人となり、2016年の人口が12700万人いた訳ですから、その比は75%までに落ち込むことになっています。そして横浜市で見た場合には、2016年には370万人の人口だったものが、2050年には330万人程度、90%までになってしまうと予想されています。この人口統計を考えて住宅を建てるほど時間に余裕がないのが、一般の人ですが、この時期になると人気の街・横浜市でも住宅を建てる場所が出来る可能性も大きくなっていると考えられます。

 日本でも人気の街となっている横浜市ですが、都市部において新規の住宅建築は、難しくなっています。そのため、郊外へ郊外と住宅街が延びているのも現実ですが、それも大型な住宅地を求める場所が少なくなって来ているのも事実です。また、最近では他の人と同じ形、同じ姿の住宅に住むをことを避ける傾向にあり、分譲住宅においても同じ形の住宅は少なくなっています。更には、昭和の時代に建てられた住宅の改築が多くなり、時にはリフォームで済むことがなく、取り壊した後、新築の住宅になっていることが多くなっています。建築技術が進んだこともあり、日程が短くなっていることも、建て直す住宅が多くなっている理由とも言われます。そこにあるのは、建売住宅の場合リフォームがしにくい傾向にあるとも言われることにあります。

 今、横浜市内での住宅建設では、注文住宅を希望する人が多くなっています。自分の住みやすい家にするためには、注文住宅を建てることで、意見を通すことが可能になることが、大きな理由と言われます。以前ですと、この注文住宅を建てるなると、費用負担が相当大きくなると言われて来たのですが、最近では建築技術も進んだこともあり、費用を大きく抑えるようにもなって来ています。注文j住宅にする良さは、将来のリフォームの時と言われます。住む人の人数が変わることら、バリアフリーな住宅へ変えるなどの改修においても、変更しやすく建てておくことが出来るからです。お子さんがいることで、2階建てが必要だった住宅も、結婚して独立したことで夫婦二人の生活に戻ることが普通の時代になり、小さな住宅への変更も考えられる時代になりました。そんな時、注文住宅で建てておくことが、便利さも生むことになるはずです。良い建築会社を選ぶことも、忘れてはいけません。

次の記事へ

カテゴリー